カリフォルニアまでの道のりの記録!

こちらのブログは初心者の方でも分かりやすく説明させていただきます。FXの情報を常に発信していきますので是非参考にしていただければ幸いです。

【FX】レンジ相場の基本とトレード方法を解説!

レンジ FX

トレード方法とは?

レンジについて基本的なところからレンジで使えるトレード方法まで解説していきます。

レンジとは範囲という意味で一定の範囲外で価格がうろうろしちゃってるのがレンジ相場です。

相場の7割中はレンジ相場であるとも言われていますのでレンジを知りうまく利用できるに越したことがありません。

まずはどんなところでレンジになりやすいのかを見てある程度予測を立てられるようにし対処できるようにしておきましょう。

レンジは売り買いのバランスが拮抗している状態といえるのでそれが起こりやすいポイントを妄想してみると上位足の抵抗帯に当たるところがポイントの1つとして考えられます。

例えば4時間足らこんな上昇トレンドを形成していて高値やトレンドラインなどいわゆるを押し目めとなる抵抗帯に当たっただいる五分の脚で見ると下降トレンドがぶつかっていたりします。

しばらくすると彼への5分足だとすっかりレンジになっています。

つまり4時間足の重機的な買いも流れと5分足の短期的な売りの流れがバッチバッチに争っているのでこうしたポイントでは決着がつくまでしばらく時間を要するので下位足ではレンジになりやすかったりします。

睡魔見ている相場がいていてのトレンドでも上癒しの抵抗体は要チェックというわけです。

もう一つ考えられるポイントは値動きの材料が少ないとき例えば各国で定められな祝日とかです。

機関投資家が休んでたりその国の指標が開いてなかったりして全然動かなくなったりします。

逆に雇用統計とか政策金利など相場を動かす大きな材料の前の時間帯も皆様すみモードになりレンジになったりします。

価格に影響する指標がしばらくない場合もこの辺りや適正価格なのかって感じでウロウロしたりします。

自分もファンダメンタルズに詳しいわけではないですが各国のお休みとか大きなイベントは把握しておいてウロウロする前に対したりしています。

主なイベントは経済指標検索すると出てきます。

判断方法

続いてレンジ相場の判断方法を見ていきましょう。

何をもってレンジ相場とするのかはトレーダーによって違いがあり完璧な正解はないと考えています。

自分なりの判断方法を持っていると今の相場はレンジだからこう攻めようって感じでスムーズに戦略立てができたりします。

なので初心者さんはまずは判断基準を決めるといいです。

移動平均線の100を目安にレンジソーダを判断しています。

ローソク足100本分の平均値等横ばいで推移しているならうろうろしているレンジ。

反対に明確に傾いたらトレンドラインです。

ゲームと一緒で敵の特徴を知りその特徴に合わせた攻撃を仕掛けられれば攻略しやすいわけです。

では最後にその攻撃となるレンジ相場でのトレード方法を見ていきます。

とはいっても基本中の基本であるレンジの高値圏安値圏からの逆張りだけ狙いいれば大丈夫かなと思います。

うまくいけばレンジの中で最大限利益が取れるところである抵抗端をセミポジションを取れるので攻撃防御両方に優れているんじゃないでしょうか。

自分も基本は順張りデイトレーダーですが1時間足や4時間足の中期的な相場がレンジだった場合はこうした日本の逆張りでトレードしています。

やはりレンジは売りと買いがバッチバチに争っているので真ん中あたりからだとどっちに動くのかわかったもんじゃないです。

ただ高値圏安値圏が何段階かに分かれてレジサポラインがいっぱい弾けちゃうみたいなレンジも珍しくありません。

なので高値安値圏がわかりやすくうロードしているいわゆるボックス相場だけを狙うのがオススメです。

エントリーする際のポイントは画角の入射角と反射角です。

自分はこれを5分明日とが短期的なチャートでごま各見ています。

あまりにも勢いよく突っ込んでくる価格はそのままブレイクアウトしがちです。

逆にブレイクしてきたりもしますから見極めが大事です。

綺麗なチャートパターンで跳ね返るところを狙うと成功率も高くしていけると思います。

レンジでのトレードはこんな感じでそうかあとは5分足などの短期的なレンジ相場でローソク足のヒゲなどプライスアクションを参考にトレードできる方もいますが集中力と判断力が試されますので初心者さんにはあまりおすすめしないです。