カリフォルニアまでの道のりの記録!

こちらのブログは初心者の方でも分かりやすく説明させていただきます。FXの情報を常に発信していきますので是非参考にしていただければ幸いです。

【FX初心者】いまさら聞けないFXって何!

FXとは? FX

最近意外と耳にすることがFX初心者の方で勝てない、なかなか利益が出ないという方の要因で

手法やチャート分析のことばかり気にして基礎が全然理解できていない方が多い気がします。

初心者の方に「FXって何」と質問してみたら意外と答えられない人が多いです。

なので今回は基礎中の基礎のところのFXって何なのか解説していきたいと思います。

まずはFXってそもそも何なのという部分を説明します。

FXとは?

FXとはforeign exchangeの頭文字を取ったものです。

foreignは外国のexchangeは交換するという意味です。

つまりFXとは外国のお金を取引することです。
海外旅行で例えると海外に行くと日本のお金は使えないのでまず円をその相手国の通貨に両替する必要があります。
例えばアメリカに行く場合に本土銀行や空港もしくは現地で円をドルに両替します。

このことを外国為替取引と言います。

皆さんはテレビのニュースなどで今日の為替は1ドル103円に推移しています。

という事を聞いたことがあると思います。

お金の価値は常に一定ではありません。

例えば日本の円とアメリカの泥を比較すると今日は1ドル105円だけど先週は1ドル106円だったというふうに常に変動するのです。

お金の価値は経済の状況は投資などさまざまな要因によって変動します。

では実際に銀行に出かけて円とドル両替したときのことを考えてみましょう。

わかりやすくするために現在の為替レートは1ドル100円としておきます。

例えば1000ドル欲しいなということになった場合その人はなぜ支払えばいいのでしょう。

為替レートとか1ドル100円ということは1ドル手に入れるために100円支払う必要があるということです。

つまり1000ドル必要だとすると100円かける1000ドルで10万円が必要ということになります。

実際に通貨を交換する時はスプレッドも必要になります。

為替は常に変動するので別の日に円とドルを交換しようとすると1ドル100円よりも安くなったり高くなったりします。

通貨の両替ではその対象の対価もお金なので紛らわしく感じるかもしれませんが実は物品の売買と変わらないのです。

近所のスーパーで野菜を買おうとしたら昨日は100円だったのに今日は110円になっていたなんてことはよくあります。

この場合交換しようとしているのはお金と野菜ですが交わす取引の場合はこれがお金とお金になっただけです。

外国為替取引について少し理解できたでしょうか。

このように外国為替取引というのはことなる2つの通貨を交換する取引のことです。

先ほどの例では日本のお金である円とアメリカのお金であるどれを交換しています。

同じように韓国のおかげであるウォンとタイのお金であるパーツを交換することも外国為替取引になります。

FXは2つの通貨の差額で利益を出す取り機能です。

では外国為替取引つまりFXで一体どうやって利益を足すのでしょうか。

さっき説明した通りお金の価値は常に変動します。

変動するという特性を利用して2種類の通貨を買ったり売ったりする時の差額でお金を稼ぐことができます。

これを為替差益と言います。

例えば為替レートが1ドル100円の時に100円と1ドローを交換して1ドルを手に入れたとします。

1週間後にその1ドルをまた変に交換しようとすると交換した時の1ドル約100円為替レートではなくその時点での為替レートで撮るといえを交換することになります。

もし為替レートが1ドル110円になっていたとしたら1ドルを円に交換するとて本¥210入ってくることになります。

最初に1ドルを手に入れるために100 a 支払っていて手に入れた1ドルで円を買い物した時には110円もらえるので10円の利益が出たことになります。

このようにFXでは通貨を買ったり売ったりしてその差額でお金を稼ぎます。

為替レートの変動によって得られる利益のことをキャピタルゲインと言います。

一方で為替レートの変動によって発生する損失のことをキャピタルロスと言います。

まとめ

異なる2つの通貨を交換することを外国為替取引と言う。

成果の価格は常に変動する。

FXは2つの通貨の差額で利益を断つ取引。

為替レートの変動により得られる胃液のことをキャピタルゲイン

為替レートの変動により発生する損失なことをキャピタルロス